FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功するボランティア・マネジメント

ボランティア・マネジメントの課題として、自分の経験から考えてみると、ボランティア本人にとっては、モチベーションの維持、主体性の確保など。受け入れる組織にとっては、ボランティアとの関係性(安価な労働力としていないか、コミュニケーションはとれているか)などが挙げられる。※なお、本文は、すでにボランティアに参加している人向けのアイデアである。

ボランティアに参加する多くの人は、「社会や地域、その活動分野のため」ということは前提としてあったとしても、何らかの「やりがい」を求めている、いわば「自分のため」にボランティアに参加しているのだろう。

そのため、ボランティア・マネジメントを成功させるためには、参加者に何らかのメリットをもたらすものである必要があるだろう。

実際に、イベントのボランティアは人が集まりやすいし、大いなる一体感を得ることができるので、少しくらい辛くても、気持ちよく終わらすことができる。
しかし、実際の活動はすべてイベントというわけではなく、事務作業や地味な作業がたくさん積み重なってこそのものであるが、その理想と現実とのギャップを感じて、モチベーションが低下してボランティをやめていく人が多いことは事実だろう(もちろん、イベント運営に長けたかたや、短期間しか活動できないボランティアにはイベントのみの参加が有効なこともある)。

そこで、私が見てきた中で、成功しているなぁと思った思ったところの要素を整理してみると、?スタッフとの対等な関係性、?広い許容範囲ということがでてきた。

?についてであるが、ボランティアの多くは、非専門職なので、スタッフより知識や積み重ねが低いことが多いだろう。そのため、スタッフが指示して、ボランティアが請け負うという流れが一般的である。はじめはそれでいいのかもしれないが、徐々にボランティア自身の力が付いてくると、どうしても物足りなくなってしまうのが必須である。

そのようなときに、成功している団体は、ボランティアをスタッフと同レベルの研修に参加させたり、プロジェクトを任せたり、重要な会議に参加させたりといった対応を取ることで、ボランティアのモチベーションの維持や、向上心を支えているのである。

これは、正社員と派遣社員の格差のように、日本社会全体に言える問題点なのかもしれないが、海外のNPOは、意識的に簡単な負担の少ない作業などを任せたりすることがあるが、基本的にはボランティアとスタッフは対等な関係にあるということである。同じ仕事をする人は、同じ立場というような姿勢がとられているのだ。

?については、ボランティアに多様なチャンネルを用意することである。自分の団体のボランティアは、自分の団体のために成長してほしいという意識が日本の中には少なからずある。今回のNPOマネジメントフォーラムにおける日本と外国の差も、実はそこにあったと考えれられる。海外の方は、セクター全体という大きな意味でのボランティア・リーダについてイメージしていたのであるが、日本の場合は、自団体のボランティア・リーダー育成についてイメージしている人が多かった。

団体の規模が違うと言ってしまえばそれまでだが、問題はそれだけではなく、日本のボランティアに対する意識が縦割りということが大きな問題である。

海外では、外部の組織がボランティアを育成する仕組みがあるらしい。そのため、ジェネラルなボランティアが数多く生まれてくる。しかし、日本ではそのような機関がほとんどないため、専門分野や団体ごとのスペシャルなボランティアしか生まれてこない。
また、育成の趣旨というのも、海外はボランティア教育を通じて、自団体のボランティア人材の育成目的だけでなく、日常生活や将来に役立つように考えられているのであるが、日本では、とにかくOJTで、そんな余裕がないのが現状である。

その2点はディスカッションでもかなり煮詰まってしまったキーワードであった。

日本でも成功している団体は、ボランティアの中で、意識が共通するメンバーで新たなチームを作っていくことを奨励したり、交流会への参加を勧めたり、新たな事業に取り組む時はボランティアもプロジェクト・チームに入れたりするなどの取組をしている。

なお、宣伝になるが、私の取り組んでいるSSCSインターンシップ奨励プログラムは、まだまだ実験段階であるが、?と?の両方を満たすような仕組みで動いている。

海外の事例は、今後E-MAILでやり取りして調査を継続していくつもりであるが、国内ももう少し事例を集めて、そして修士論文で考えたことなどを結びつけて、いい答えを出していけるようにしていきたい。

よい事例や異論・反論がある方はコメントお待ちしています。

今回参考にした事例は、
国内:シブヤ大学ぱれっとユースビジョンSSCSインターンシップ奨励プログラムなど
海外:YouthLine、ドイツの事例など
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
08 | 2018/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かいぬまん

Author:かいぬまん
本名:海沼 武志
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科をなんとか修了し、地元CATV局に就職し、目下営業中。
かいぬまんの“まん”はやせがまんの“まん”、でもやる気まんまん!!

最新記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
FC2カウンター
ついったー
RSSリンク
Google翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。