スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望とは

僕の研究の最終目的は「希望」あるサステイナブル(持続可能)な社会。

「希望」が無いと、明日の自分につながらないからだ。

しかし現代社会は、将来の「希望」が見えづらい社会といわれている。

山田昌弘氏は「希望格差社会」と呼んでいる。

親と同居している未婚成人(その過半がいわゆる「パラサイト・シングル」)は1200万人。
離婚数は年間29万組(結婚75万に対する数値だから結婚したカップルの40%が離婚)
結婚75万のうち、「できちゃった婚」(婚姻届提出後10ヶ月以内に出産)は15万。
フリーター(未婚若年アルバイト雇用者)は200万人。失業中、未婚派遣社員を入れると未婚若年不安定雇用者数は400万。
「引きこもり」については正確な数値がないが、推定50万人。
義務教育期の不登校は13万。
児童虐待は児童相談所が把握しているだけで年間2万件。
「将来、自分の生活がよくなる」と考えている若者(25?34歳)は15%
中学生の70%が「将来、日本は今以上豊かにならない」と考えている。
http://blog.tatsuru.com/archives/000856.php参照


という現状。

これまでインフォーマルなセーフティネットであった中間社会が希薄化し、現代社会が上記のような「リスク社会」もしくは「不安定化」になってしまい、将来に希望を持ち、生きがいを感じている若者がいる一方で、多くの若者が希望を持つことができず、やる気や活力を失っているという現状を「希望格差」と言っている。

中間社会がない状態では、個人から社会へのつながりが一本線となってしまい、成功する人はいるけど、一度線から外れてしまうと、戻って来れなくなってしまう…だから希望を持つことができない。

そのため、希薄化する個人と社会との中間社会を補完するものとして、NPOでの活動経験がその役割を持つのではないかと思っている。実際NPOで活動している若者は、活き活きと自発的に活動している人が多い。そして、そのきっかけとしてNPOへのインターンが有効ではないかということで研究を進めるつもり。

実際、今日NPOインターン修了生とプチ座談会を開いたら、インターンの経験が今の人生にどこかしら刺激を与えているという感想がでてきた。ここを深めて、関係性を導き出していきたい。

しかし、問題はその「希望」の意味だ。

個人的には、非貨幣的な資本じゃなく、社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)がこれからの時代の「希望」となりうるのではないか、という気持ちで考えている。

実際、お金をたくさん持っていても、社会的なつながりがまったく無いと、孤独で生きがいなどがない。

しかし、だからといって社会関係資本がある人がすべてうまくいくかというと、なかなかそうもいかない…
今でこそ市民性が注目されているものの、今の資本主義経済のもとでは、そんなに甘くは無いし、社会企業で自立しようと思っても、相当の覚悟と能力が必要である。

だからNPOがどうこうしたって、直接的な「希望」につながらないのだ…

でも、間接的な意味ではどうだろうか?

家と学校や会社の往復の間にインフォーマルな「ゆとり」があることによって、どれだけ精神的に助かるだろうか…たとえつらいことがあったとしても、別の関係性があることは、そのケアにとって重要な役割を示すはず。具体的データがないから強く言えることはできないけど、確実に間接的な「希望」と、インフォーマルなつながりというのは大きく関係するはずだろう。

希望としては、社会が持つ直接的な「希望」に対する価値観も徐々にシフトしていってほしいけど、とりあえず今の段階では、間接的でもいいからどこかしら「希望」があるという人が増えるだけでもいい。そういう人が増えることによって、社会全体の希望も広がっていくだろう。

今日久米宏の番組で、お金を使わなくなったになった若者について特集されていたけど、明日の自分を信じられなくなる時代が本気で迫っている。

自分を信じられないと他人も信じられない…

やはり「希望」はこれからの時代の重要なキーワードとなりうるだろう。



希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く
(2004/11)
山田 昌弘

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

お邪魔しました(^^)。

こんにちは。
今日は、風邪から復活した娘と、
ブログ見させていただきました。
横で邪魔されてます(><)
また遊びに来ます!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

かいぬまん

Author:かいぬまん
本名:海沼 武志
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科をなんとか修了し、地元CATV局に就職し、目下営業中。
かいぬまんの“まん”はやせがまんの“まん”、でもやる気まんまん!!

最新記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
FC2カウンター
ついったー
RSSリンク
Google翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。